あめつち ツバキ

啓蟄(けいちつ)

冬眠していた虫が穴から出始める頃。

草木が芽吹き始める頃。

カラダも春バージョンにモデルチェンジ中です♪

 

この時期にセルフメンテナンスをする臓器が「肝」です。

冬に溜まったものを捨てきれないまま、春を迎え、さらに細菌やウイルスの活動も旺盛な時期になると、「肝臓」は排毒・解毒で大忙し!!

花粉症などのアレルギー症状も出やすくなり、ニキビやおでき、血圧の上昇、目の充血、めまいなどの症状もおこりやすくなります。

 

この時期に出回るふきのとうや菜の花など、苦みのある山菜は肝臓を助けてくれる食材です。

香りが強く、ほろ苦く、独特なあの味は、お腹に溜まった宿便も促してくれるデトックス食材ですヨ!

(アクが強いので食べすぎにはご注意)

 

あと、冬の間は新鮮野菜がたくさん摂れないため、どうしてもビタミン・ミネラルが不足しがちになります。

その為、春先は口内炎や皮膚トラブルが出やすくなります。

症状が出ている方は、柑橘系の果物や玄米などで皮膚や粘膜への栄養補給もしてみて下さいね。

啓蟄~けいちつ~  解毒の季節