一年で一番昼が長く夜が短い「夏至」を迎えました。

夏は心(心臓)の働きが活発になる季節。

心の働きは精神活動(脳の働き)と関わりがあり、活発に動いていると好奇心が旺盛になったり、

何かにときめいたり、面白そうなものを見つけて「ハッ!」としたり、「ドキドキ」したり・・・。

ドキドキワクワクを行動につなげる事は「心」にとっても良い事です。

「心」弱っている時の特徴は・・・

→不安感がこみ上げてくる

→人混みが嫌

→一人でいると心配、落ち着かない

→息苦しい

→胸が苦しい

→ざわざわ落ち着かない

→ほてる、顔が赤い

などなど・・・。

家にこもったままドキドキ不安を抱えるよりも、ちょっと外に出て心の働きを活発にさせましょう。

歩いて身体を動かす事も心臓のポンプ作用応援するでとても良いです!

 

私の大好きな石彫家の松崎勝美さんが、昨日から6月27日(水)まで、

福屋八丁堀本店 7Fギャラリーで現在「石の想守(おまもり)」の個展をされてます。

固い石材だそうですが優しく柔らかみがあって、ほっこり癒される、素敵な作品ばかりです。

期間中、街中にお出かけされることがありましたら、是非「心」を動かしに行ってみて下さい・・・。

 

夏はわくわくドキドキ「心(心臓)」の活発になる季節