20160120_201042

Can you make out what happens with the animal  and the persons above?

 

 

二十四節気の一つ「大寒」。

一年で一番寒い時期です。

 

空気が冷たくて、乾燥が気になりますね(>_<)

気が付くと、膝小僧が粉吹き状態に!

 

中医学では、季節によって養生する臓腑があり、

冬は「腎」の季節と言います。

 

寒いと汗をかかない分、腎や膀胱に負担がかかりやすく、泌尿器系のトラブルが多くなるのもこの時期。

 

私もこの冬、尿路結石になり「冬は腎の季節だ・・・」と、身をもって痛感しました。

今思えば、予兆となる腰痛も「腎」からのサイン「おかしいよ~!」って教えてくれてたんですね。

腎臓の痛みがわかるようになったので、これから労わりながら養生しなきゃです。

 

五臓(肝・腎・脾・肺・腎)の中でも、一番寒さに弱いのが「腎」。

季節の養生としては、温めて!温めて!冷やさない事。

特に腎と関わりのある、耳・腰・膝・足首を冷やさないように・・・。

お風呂にじっくり使って身体の芯まで温めて、

耳あて、ハラマキ、レッグウォーマーなどで冷やさないように。

冷たいものを極力飲まないようにしましょう。

こまめな水分補給とお部屋の加湿も忘れずに・・・。

 

「腎」を元気にする食材は、黒色!!

ゴマ、黒豆、キノコ、のり、スッポン等々。

ネバネバ食材も腎を補うのに効果ありです。

 

腎の弱り→老化なので、

しっかり労わりましょう!!

 

大寒 ~温めて・潤わせて!~