新型コロナウィルスは中医学では「疫癘(えきれい)」の一種に分類され、特徴としては「寒湿挟燥(かんしつきょうそう)」になると考えられます。

<予防のキーワード>
『温経散寒』→身体を温めて冷えを出す
『健脾除湿』→胃腸を整えて、身体の余分な水分(内湿)を出す

今回の新型コロナウイルスは、早期に鼻腔や上気道に繁殖するため、初期の治療原則は肺の通りを良くし、余分な湿を取り除く「宣肺化湿解毒」が予防につながり、ウイルスの繁殖を防ぎ、感染予防、症状改善に役立ちます。

予防対策の一つとして「清肺生薬香袋」があげられます。

南京中医薬大学の前学長で、現在 92 歳の中医学人間国宝 周 仲瑛 教授が生涯にわたる経験から、七つの生薬を組み合わせた処方があり、これを武漢の医療従事者など患者と接触する多くの関係者が身に付けていたことが知られています。生薬の香りが呼吸器系へ働きかけ、解熱解毒作用でウイルスの繁殖を抑制し、免疫機能を高めることが期待できます。

咳や痰、ぜんそくなど呼吸器系が弱い方には特にオススメです。

【清肺生薬香袋】

成分: 艾葉、蒼朮、白芷、草果、藿香、龍脳、石菖蒲

※香りだけでも薬効があるものを選んで作られています

「衣冠療法(いかんりょうほう)」について・・・
薬を用する、内薬、頓などの「服」と言う漢字にも伝わるように、 薬は必ずしも飲む物とは限らず、身に着ける事で身体を改善したり、感染から身を守ったり、邪気払いをする古代中国から伝わる民間療法です。

販売価格: 1,500 円(税込)
◆効能 芳香化湿、開竅解表、散寒助陽、解熱解毒
◆使用方法 部屋や車、寝室や枕元に置く、ポケットに入れる。
◆有効期限 1~2ヶ月。匂いがしなくなると効果が薄まる。

※禁忌: 妊婦、三歳以下の子供の使用は控えてください。
※色は6色(紫・薄ピンク・紺・緑・黄・青)ですが数に限りがございます。

大変珍しい商品です!

ご興味がある方は是非お気軽にご来店下さいませ。

清肺生薬香袋 販売中