寒くなりましたね~(>_<)

風邪引さんや冷え症でお辛い方も増えているのではないでしょうか?

 

「身体を温かくする食材No.1は?」

皆さんご存知の「生姜」です!!

 

ただし、生で食べるのと熱して食べるのとは効果は違います。

生で食べるのは、殺菌・解熱作用がありますが、冷え性には逆効果です。

熱したり、干して乾燥させることで、温め成分である「ショウガオール」が増えて、血行を良くし、体温を上げて内臓まで温めてくれます。

薬効が高く刺激の強い食材ですので、摂りすぎにはご注意下さい。

(1日10g程度、スライスだったら6枚位が目安)

 

生姜は冷えをとって身体を温めるほかにも、免疫力UP、胃腸の消化吸収UP、代謝が上がりダイエット効果も期待できます。

[ 体質にあっていない人 ]

カラカラに乾かす効果があるので、身体が乾燥気味の方、顔や舌が赤くて火照る方にはオススメ出来ません。

 

生姜チップス あめつち 

お手軽に食べやすい「生姜砂糖チップス」を作ってみました。

かなりスパイシーなので、恐る恐るお客様にお出ししたところ、

思いのほか好評で、レシピを教えて欲しいとのお声も頂きましたので、この場でご紹介させて頂きますね!

 

 

<生姜の砂糖チップス>

~この冬、冷え性予防に作ってみて下さい♪~

20161116_080623

材料 : 生姜 300g、砂糖 180g、グラニュー糖 (お好みで適量)

 

しょうが あめつち

①生姜を2ミリ位の厚さに切り、水に30分浸けます

 

生姜2 あめつち

②鍋に湯を沸かして、生姜を入れて茹でこぼしを3回したあと、一旦ザルに生姜を上げ、水気をきります

 

生姜3 あめつち

③生姜を鍋に入れて、砂糖を入れ火にかけます。

はじめは中火で、次第に水分が出てくるので、この時にかき混ぜないのがポイントです。

煮立ってきたら弱火にして、煮詰めていきます。

 

生姜砂糖 あめつち

④生姜の色が茶色っぽくなって、砂糖が透明に溶けてきて、煮詰めてじゃりじゃりの結晶状になってきたら火を止めます。

 

生姜3 あめつち

⑤平らなオーブントレイなどに、クッキングペーパーを広げて煮た生姜を広げて粗熱をとります

冷めないうちに、グラニュー糖をまぶします(甘すぎない方が良ければなくても良いです。まぶすとよりお菓子っぽくなります)

 

※⑤で乾かす時は、風通しの良い所に置いたり、ドライヤーの冷風をあてるとカリカリ感が出ます☺

 

以上で出来上がり\(^o^)/

生姜パワーで風邪を撃退!