袋町にある「聯聯(れんれん)」に、薬膳料理を食べに行きました。

薬膳料理は、中医学の考えに基づき、季節や心身のバランスをとりながら、食材や調理法を考えて作られた料理。

お料理の一部を紹介します!!

薬膳スープ あめつち

<生薬入カモ、フキ、クコのスープ>

お店の方が「フキは咳や痰にも良く、食物繊維が豊富なのでお通じにも良いです」など、入っている食材とその効能について丁寧に説明してくれます。

「クコの実」がたくさん! 赤いクコの実は、血を補い、身体を潤わせ、疲れた体を回復させてくれます。美肌効果も期待できる女性には嬉しい食材です♪

翌日の朝、鏡を見て「今日なんか違う!」と肌の調子が良かったです、クコのおかげかも・・・

一緒に行った友人も、翌日肌が調子が良かったと同じような事を言ってました(^^)

 

酒 あめつち

<果実酒や薬酒も豊富♪>

お酒は、身体を温め巡りを良くする効果もあることから、早期の薬膳は酒からと言われています。

(ただし適量に限ります。残念ながらビールや酎ハイは含まれません)

<適量>日本酒1合、ワイン2・3杯、焼酎110mlが目安

陳皮 あめつち

<キク芋 柚酢 陳皮 海老 青菜炒め>

わー!ミカンの皮(陳皮)が入ってる!!(*_*)

それもデカイ!!(上手に味付けされてますが、味もミカンの皮)

漢方の陳皮(チンピ)はミカンの皮を乾燥させ、一年以上経ったものが生薬として利用されます。

胃を健やかにし、気の巡りを良くしてくれます。

餃子 あめつち

<水餃子>

皮もモチモチして、野菜も含めて想像以上の美味しさでした。

肉は入ってないそうですが、しっかり食べごたえもあります。

「タレにニンニクを入れますか?」と聞かれモチロン入れて頂きました!

 

竜眼 あめつち

<柑橘、竜眼ゼリー>

竜眼(リュウガン)はレイシのようなな甘みのある果実、補血効果があり、貧血や不眠に良いと言われています。

 

れんれん看板

普段食べれないような珍しいお料理&お酒で会話もはずみ、友人と楽しい時間を過ごすことが出来ました!

お店の方も親切で一品一品丁寧に説明して下さり、居心地が良かったです。

身体が喜ぶお料理がたくさん食べれて、大満足♪(^o^)

みなさんも是非、行ってみて下さい!!

 

◆薬膳家菜 聯聯(れんれん)

広島市中区袋町2-26 カッパーハウス2F

082-246-3946

営業時間: 11:00~13:30、18:00~22:00

定休日: 月曜日

http://r.gnavi.co.jp/envad28w0000/lunch/

 

 

 

 

薬膳家菜 聯聯(れんれん)