今年は遅い梅雨入りとなりましたが、

今日もよー 降りましたね!!

ジメジメどんよりしたお天気が続いてますが、お身体の調子はいかがですか?

なかなか洗濯物も乾かなくて困った困った・・・。

お出しする施術着が若干湿っている!? 事をどうかお許しくださいませ(^-^;

まだまだ梅雨明けしたくないような空模様ですが、

今月27日の花火大会にはスッキリ梅雨も明けて、キレイな花火が今年は観れると良いですね。

こんな天気の悪い日はどうも体調がすぐれなくて・・・

という方は、結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?

< 例えばこんな症状↓ >

・台風が来る時・低気圧が近づく時、体調がすぐれなくなる

・片頭痛、ソワソワ落ち着かない、眠れない、呼吸がスムーズに出来ない

・肩や首の凝りがひどくなる

・身体がだるい、やたら眠い、あくびが多い

・古傷がうずく

 などなど・・・。

気圧の変化が自律神経のバランスに影響して、交感神経が活発だと痛みの症状、副交感神経が活発だとダルい症状が出やくなります。

お身体が虚弱な「虚証タイプ」人ほど変化に適応するのが苦手なので症状が出やすい傾向があります。(女性が多いです)

体力のある「実証タイプ」から見ると「気のせいでしょ?」となかなかしんどさを解ってもらえない事もあると思います・・・。

最近では「気象病」と言われテレビで取り上げられるような事も増えて、一般的にも認知されるようになりましたね。

日頃から血流の良い身体づくりをすることが大切なのですが、

< 辛い時の改善策として・・・>

・お風呂に浸かったり、マッサージなど身体を温める事をする(片頭痛の時は控える)

・深い呼吸を意識をする、有酸素運動をする(低気圧の時は空気の酸素分圧が低くなりますが、呼気をしっかり巡らせる事は血中の酸素濃度を上げてくれます)

・耳のマッサージ(気圧の変化に敏感な内耳の血流を促進させる。)

※めまいがしやすい人は日々の健康法として耳マッサージをオススメします。

爪揉みマッサージ(手や足の爪を揉むことは自律神経調整してくれる効果がある)

私自身も気象病になりやすくて、大きな低気圧の波が近づく時は身体に内臓されたセンサーがピコピコ「雨が降るよー」と教えてくれます(笑)

雨降りでお身体の不調が多い方。

是非あめつちでのお身体のケアにお越しくださいませ♪

雨降りのカラダの不調について